毎日ぐだぐだ暇人生活

ぐだぐだな人によるぐだぐだな人のためのぐだぐだなブログです(●゚∀゚●)ノ暇人あつまれ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紫鏡。

この「紫鏡」という言葉を20歳まで覚えていると不幸になる、または死ぬという。

他に、呪われる、悪い事に遭遇する、幽霊を見る、結婚できない・・・と様々な結果が待っている。

これの対処法の噂もある。

それは横断歩道の白い部分を踏めば大丈夫なのだという。

他にもいろいろな呪いを打ち消す言葉がある。

「ピンクの鏡」「水色の鏡」「永遠に光る金色の鏡」「白い水晶玉」「助けてホワイトパワー」などである。

この紫色の鏡は一体なんなのか?

覚えているだけで、相手に不幸や死を授けるという、形を変えた死神のようなものか。

この噂には由来のようなものも考えられている。

 

ある女の子が手鏡の鏡面を悪戯で絵の具の紫色で塗ってしまう。

その後に元のきれいな鏡に戻そうとするが、いくら拭いてもその色はとれない。

女の子は自分の行為を後悔し、一日たりとも鏡の事を忘れなかった。

そして、女の子は20歳の時に「紫鏡・・・・紫鏡・・・・」と呟きながら病気で死んでしまったという。

 

これから考えると、現代で伝わっている紫鏡の呪いは、この女の子の霊が起こしているものだと考えられる。

また、この女の子自体も呪いにかかり死んだのかもしれない。

紫という色は学校の怪談でも「紫ババア」などに使われているが、その理由は分からない。

ただ、赤=血というよりも、紫=?の方が都市伝説的に無気味な感じである。

 

主に小中学生の間で流行している噂である。

見たもの、聞いたものなどで嫌なものは記憶から消しさりたい。

だけど、そういうものに限って心にずっと残っている。

もし、その記憶しているものが自分の命や運命の鍵を握っていたら?

という、案外いやらしい伝説なのである。

ある雑誌には17年程前(現在では20年以上前になる)に広まった噂だと推測している。

ほとんどが20歳までがキーワードだが、15歳、23歳、24歳というケースも少ないがある。

鏡も外国のものであるという場合もあり、これも同様の呪いである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画「ムラサキカガミ」

映画「ムラサキカガミ」2010年春公開 三原光尋監督出演:紗綾、上杉奈央ほか主演の紗綾はこんな作品に出演しています。「渋谷怪談 THEリアル都市伝説」(福谷修監督)千尋役「神の左手 悪魔の右手」(金子修介監督)アユ役「口裂け女」(白石晃士監督)中島志穂役「少女霊 14...

saaya_holic 2010年01月20日(Wed) 20:38


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。