毎日ぐだぐだ暇人生活

ぐだぐだな人によるぐだぐだな人のためのぐだぐだなブログです(●゚∀゚●)ノ暇人あつまれ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ぼったくりビリーw

日本の「ビリー」ブームにぶったまげ!

なぜ!? なぜ今さらあのビリー・ブランクスが、日本で「時の人」とまでいわれているのか。この6月、1年ぶりに日本に帰国してぶったまげてしまった。ビリーといえば、アメリカでは5、6年も前にブームは終わっている。アメリカで売れなくなったから日本に足を延ばしたのは見え見え。

日本ではもっぱら「ブートキャンプ」のDVDセットが売り出されているが、アメリカでのブームに火をつけたのはこれじゃない。そもそもビリーの一番の売りは、テコンドー(Tae Kwon Do)とボクシング(Boxing)を組み合わせた「タエ・ボウ(TAE BO)」というフィットネスだ。

ビリーはテコンドーと空手の黒帯で、アマチュアボクシング選手権「ゴールデン・グローブ」のチャンピオンなので、タエ・ボウのコンセプトは納得できる。ノリのいい動きがウケて、当時はアメリカ中のスポーツジムでタエ・ボウのクラスができたほどだ。

ちなみに、今はもう過去のものとなっている。DVDを買っただけで痩せた気になる人がほとんどなので、アメリカ人の肥満度は相変わらず高い。

ともあれブートキャンプは、ビリーの副次的なシリーズだ。「タエ・ボウ」は、コンセプトも名前も、特許まで取得したビリーのオリジナルだが、ブートキャンプは一般的な俗語。日本語のウェブサイトで「軍隊用の訓練」とあるのは、ちょっと違う。正確には、アメリカの軍隊がコンバットブーツをはいたまま訓練することから、「軍隊の訓練を真似たハードなフィットネス」という意味だ。

問題は値段。ビリーの英語のウェブサイトに行けばわかるが、ブートキャンプDVD3本セットは30ドル弱(約3600円)。日本は1本多いとはいえセット価格1万5000円(約125ドル)もしている。アメリカ人は、いくらブームでもたかがフィットネスDVDに絶対にこんなに払わない。日本語版制作費、販売業者の中間搾取を入れるとここまで値段が跳ね上がるものか。いや、やっぱり日本って足元見られてるんじゃないのかなあ……。

アメリカの4倍!?マジですか(_´Д`)ノ友達でビリーやってる人いるけど、これは大ニュースですなwww

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。