毎日ぐだぐだ暇人生活

ぐだぐだな人によるぐだぐだな人のためのぐだぐだなブログです(●゚∀゚●)ノ暇人あつまれ♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

UFO発見!!

UFO? 航空機? 謎の飛行物体を数十人が目撃

ふだん、夜には澄みわたった星空が広がるアメリカの農業地帯で、UFOと思わしき何かを目撃したという報告が相次いでおり、地元住民は騒然となっている。

パイロット、郡巡査、事業主などを含む数十人の人々が、明るく光る大きな物体が音をたてず低空を速く飛んでいるのを見たと主張している。加えて、何人かはジェット戦闘機がそれを追っているのを見たと語っている。

「人々はそれが一体何なのか気にしています。ここはバイブル・ベルト (聖書原理主義の影響が強い地帯) ですから。そして、皆が世界の終わりなのではないかと恐れています」と、長さ1.8キロ・幅0.9キロほどの飛行物体を先週見たという貨物輸送会社オーナー兼パイロットのスティーブ・アレンさんは言う。「あれはどうみてもこの地域のものではありません」

連邦当局が論理的説明があると主張する一方で、地元住民たちは問題の物体が飛行機よりもっと大きく、より静かで、より速く、地面に近いところを飛んでいたと信じている。また彼らは、物体は飛行機と異なり、光りかたを変化させていたと語っている。複数の町の人々が、数週間にわたって似たような物体を見たという報告が届けられている。

機械工のリッキー・ソレルスさんは、ダブリンの自宅のうしろにある牧草地の地上90メートルを平らでメタリックな物体が空中停止しているのを見たと話したら、友達に笑われたそうだ。しかし、彼は『スティーヴンヴィル・エンパイア・トリビューン』で似たような目撃証言を読み、前に歩み出ることに決めた。

「この辺りでは大げさな話を聞きますけど、これは違う話です」と、ソレルスさんは言う。「他の人たちも何かを見たと聞いて安心しました。それはつまり、私がおかしいわけではないということなので」

ソレルスさんは数回にわたって物体を目撃しているそうだ。自分のライフルの望遠レンズを通してそれを見たところ、それは非常に大きくつなぎ目やボルトの類はついてなかったと彼は語っている。

フォートワース海軍航空基地第301戦闘隊の広報担当者カール・ルイス少佐は、多くの目撃報告が届けられている1月8日の夜、F-16もしくは他の航空機が出動した事実はないと述べている。

ルイスは、謎の物体は2機の民間航空機を見間違えたものである可能性があると語った。航空機からの明りは非常に明るく、日の入りの光のせいでオレンジ色に見えたのだろうという。

「私は、それが大型旅客機だったと90パーセント確信しています」と、ルイス少佐は言う。「太陽の角度は人にいたずらをしかけるのです」

この地域にあるふたつの空軍基地、アビリーンのダイスとウィチタフォールズのシェパードも、先週、所属の航空機が出動したことはないと述べている。空軍はもはやUFOを調査していない。

不思議な物体の写真またはビデオ記録に、報酬の支払いを申し出る男性も現れた。

ミューチュアルUFOネットワークによれば、毎月200件のUFO目撃報告が届けられており、その大部分はカリフォルニア、コロラド、テキサスからだそうだ。彼らは調査のため、人口1万7000人のスティーヴンヴィルに向かう予定だそうだ。

昨年行われたAP通信とIpsosの世論調査によれば、アメリカ人の14パーセントがUFOを見たことがあると主張している。

リー・ロイ・ガイタン巡査は、最初に赤い明かりが光り、それから白い閃光が速く動くのを見たが、双眼鏡を覗いても物体に照明がついているのは確認できなかったと語っている。
「私が見たのは空飛ぶ円盤ではありませんでした。そして、私にはそれが何であったかのかわかりません。しかし、それは飛行機ではありませんでした。あんなものはこれまで見たことがありません。きっと軍用機の一種だったんじゃないかと思います。少なくとも、私はそうであってほしいですね」

やばいね・・・UFO。

アソパソもそれらしきものをみたことがある。

兄者もあるらしい。

地球やばいねw

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。